草木便り 平成29丁酉歳弥生28日

関東山間部や箱根、富士などは四月も間近なのに時ならぬ降雪に見舞われ、このあたりも三月下旬とは思えないくらいの冷たい雨が降ったり、今年は春を出し惜しみされているように感じます。栃木県の那須では高校生が表層雪崩に巻き込まれ、尊い命が奪われる事故が起こりました。亡くなられた教員と若者たち、そのご家族には深くお悔やみ申し上げます。

春を待ちきれない様子のヒメスミレが楠木、梅、石灯籠の足下に張り付くように咲いています。端っこが好きなわけではなく、人や車につぶされない場所でしか根付くことができない草たちは、それでも安全な場所に根を張って一生懸命生きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください