令和2年七五三詣と正月について

当社では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、7月より祈願者の安全確保のため「預かり祈願」のみとしています。
来社して申し込みをしていただき、翌朝に神職のみで祈願祭を行い、後日神符や記念品等を受け取りに来社していただくという形式です。

東京・神奈川の各社、境内地や社殿の広さによって対策に相違がございますが、当社では参拝者のリスクを極力軽減するため、七五三詣の期間から正月まで「預かり祈願」のみで対応させていただくことといたしましたので、時局を鑑み何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます。

なお、社殿前での参拝と御守りや御神符の頒布につきましては、密にならないようご配慮いただいた上で、通常通り対応させていただきます。但し、御朱印は当面停止いたします。

秋季例大祭について

去る7月に、9月の例大祭における式典の縮小と神輿巡幸の中止をお知らせ致しましたが、境内に出店がなく、神輿も出ないという状況を「祭の中止」と考えてしまう方が多いことは、神社として真に残念なことです。 年に一度の祭は、神様が…

続きを読む