コロナ禍における年末年始の予定について(令和2年〜3年)

◆年末の神符の頒布(2020年)

*例年通り終い天神の師走二十五日から開始いたします。

◆師走大祓へと茅の輪神事(2020年)

*茅の輪は2020年12月7日より設置しますが、大祓へ式は神職のみで行い、茅の輪神事は中止します。

*形代(かたしろ)は神符授与所前に常備しておきますのでご自由にお持ちになり、氏名を書き、息を吹きかけて袋に戻し、同じ場所の専用の箱に初穂料と共にお入れください。

*茅の輪守りも形代と共に常備いたしますので、一体につき三百円を専用の箱に入れてお持ちください。

◆初詣(2021年)

神様はいつでもずっと待っています。
あなたが初めて参拝する日が初詣です。
安全に参拝できる時期を見極めましょう。


*境内でのお焚き上げと出店は中止します。

*ご参拝と御守り等の頒布については例年通りですが、参拝日をずらすなど可能な限り混雑を避け、マスクをして大声を控えて心静かにご参拝ください。

*社殿内の密を避けるため昇殿参拝は受け付けていません。預かり祈願※のみ申し受けます。

※預かり祈願
来社して申し込みをしていただき、翌朝に神職のみで祈願祭を行い、後日神符や記念品等を受け取りに来社していただくという形式です。
早めに申し込みしていただき、祈願希望日をご指定していただくことも可能です。その場合も、祈願日の翌日以降のお渡しとなります。
参拝者皆様の感染リスク軽減のため、止むを得ない対策です。何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます。

◆どんど焼き(2021年)

*お焚き上げ祭という形で終日行う予定でおりますが、団子を焼くことはご遠慮願います。

◆節分(2021年)

*豆まき行事は中止しますが、ご家庭用の福豆は頒布いたします。

今後の感染状況によっては変更の可能性もございますが、何卒ご了承ください。氏子崇敬者皆様の我慢と努力により、互いの命を守り尊び、今まで通りのかけがえのない日常を取り戻すよう、令和3年新春は心静かに祈りましょう。

秋季例大祭について

去る7月に、9月の例大祭における式典の縮小と神輿巡幸の中止をお知らせ致しましたが、境内に出店がなく、神輿も出ないという状況を「祭の中止」と考えてしまう方が多いことは、神社として真に残念なことです。 年に一度の祭は、神様が…

続きを読む