梅便り 平成30年戊戌歳弥生14日

5月のような暖かさの今日、いよいよ当社境内の梅は最も遅咲きの2株、「楊貴妃」と「ふくらしぼり」が見頃になっています。来週には桜の開花予想も出ていて、特に寒さが厳しかった1月2月が嘘のようです。
楊貴妃は八重の紅梅で、確かに楊貴妃の衣を連想させる波打つ花弁が特徴的です。ふくらしぼりは豊後系の種から育てた実生で、私が勝手に命名しました。どの梅の花粉を受粉したのかわかりませんが。花弁が小型で一枚ずつ丸く巻いている上に少し色合いに絞りがあり、独特の個性を発揮しています。

楊貴妃

ふくらしぼり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください