梅便り 令和4年弥生1日

とうとうロシアは武力を使ってしまいました。この21世紀では、国同士が戦う道具を武器という物理的なものですることは、勝手なイメージかもしれませんが、私は有り得ないものと思っていました。原始人が太い棒で殴りかかるのと何ら変わらない幼稚な行為だと。そして陣取りとテリトリーの拡大。世界は、殊に大国は飽和状態になったと思って

白加賀

いたのですが、やらかしてしまう前時代的なリーダーもいたんですね。
東京は急に春めいてきました。今年の梅は早咲き組が遅れたせいで、遅咲き組と時期がかぶりそうです。例年より10日以上遅れて白加賀が咲き始めてまだ三分咲きくらいですが、にわかに暖かくなったせいで旧社殿前の飛梅や鳥居脇のおもいのまま(品

思いのまま

種)がほころび始めています。最も株数が多い白加賀がそろそろ見頃ですから、いよいよ賑やかになってきて

飛梅

、蜜をついばむメジロも忙しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください