梅便り 令和4年弥生5日

春一番でしょうか、午後から春風が境内で暴れています。咲き終わりが近い梅に容赦なく吹き付けて花びらが舞い落ち、地面を流れています。梅にとっては想定内の洗礼なのかもしれません。想定外な独裁者の他国侵攻とは大違い。21世紀に侵略戦争が起こるとは、まだ現実として受け止めきれていないような感じもしますが、世界的に凶悪な国になってしまったロシア国民は、いったいどんな心持ちでしょうか。民族的にも兄弟のような国と戦い、恥ずかしい、情けないと嘆きつつ、怒りを政府にぶつけようとしても、逮捕され罰せられる法律まで作られてしまっては身動きもとれません。情報統制する独裁政治とは恐ろしいものです。
品種の思いのままが、ようやく思いのままらしさを見せ始めてくれました。こちらは決して彼のような身勝手な思いのままではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください