腐海

今更誰がどの国がなどと詮索するのも無駄なこと。新型コロナウイルスという未知の見えない病原体に侵されている地球は、今朝の読売新聞に載っていたナウシカの腐海に覆われた世界。さらにあの物語の中では危機的な世界の国同士の争いが、滑稽で愚かに映し出されていること。まさに今の国際社会は、大国同士がつばぜり合い、しかも自国の中に差別や紛争、民主主義への弾圧、貿易の制裁合戦。そんなことしてる時ではないだろう。今は全てを一旦止めて、仲良しでも、喧嘩仲間でも、なんでもいいから、それができる地球というステージをみんなで清浄に戻すべきではないだろうか。皮肉にも、人間の体には迷惑極まりないコロナウィルスの拡大が、経済活動を鈍化させ、人の移動を制限した結果、地球の汚染が緩和され、空気がきれいになり、人間以外の動植物は生きやすくなっている。
当社は7月1日から昇殿祈願を再開した折、東京の感染経路不明者数が150人を超えた場合に再び祈願を停止すると予告。そして20日足らずであっさり超過。残念と悔しさが入り混じる。

自粛の中、令和二年飯綱山王祭を斎行

新型コロナウイルス収束に向け新しい生活スタイルへの意向が必須となりつつある中、令和二年の飯綱山王祭を粛々と斎行いたしました。本来ならば神社役員に加え招待者40名ほどが参列して式典が斎行され、境内には氏子区域有志による様々な出店があり、神楽殿では和太鼓奉納、バンド演奏、フラダンス、若者と子どもたちのヒップホップダンス、舞踊奉納などが盛りだくさんで催され、当社併祭神の飯綱・日枝両神様には夕方まで賑やかな出し物でお和みいただけたはずでした。本日は皮肉にも抜けるような好天ですが、境内の出店と神楽殿の催しは全て無く、式典参列者もソーシャルディスタンスを確保するため代表者4名に制限いたしました。来年の五月に向け、この悔しさをばねに収束への努力を怠らずに、神社で出来得る新生活スタイルを励行していく気持ちが高まりました。

梅便り 令和2年1月30日

久しぶりの投稿です。
昨年の台風15号、19号では、各地に甚大な被害があり、
あの頃から地球規模の異常気象が体感するように顕著になってきたように思います。
秋冬が変に温かく、伊豆や千葉、群馬などでは、昨年のこぼれ種で
向日葵が咲き、水仙や菜花と一緒に咲き揃ってしまうという事態になっています。
当社でも日本水仙の株の近くでカワラナデシコが咲いてしまうという奇妙な景色があります。経済成長を追いかけてきて、見過ごし、いや無視してきた結果、
次世代に残すべき日本の自然や四季の巡りをきちんとしておけなかったということでしょう。
さて、今年の梅便りは例年と全く違います。
私自身が戸惑うほどに、品種によって咲き始める順番が
これまで積み上げてきたデータを無視したものになっています。
正月の暖かさが梅の蕾に春を嘯(うそぶ)いた結果、
まだどれも1分か2分咲きですが、特に遅い種類を除いては
一斉に咲きほころんできてしまいました。
こんなことは初めてです。

上の左から、鹿児島紅、飛梅亜種「薄羽睦月」、冬至梅系加賀
下段左から、白加賀、小梅、思いのまま(鶯宿)

梅便り 平成29丁酉歳睦月17日

北からの大寒波と南岸低気圧の影響で日本各地は大雪に見舞われていますが、町田市は関東でも南寄りで、降雪の気配は感じられません。例年なら境内の梅がほころぶまで蠟梅が繋いでいますが、今年は蝋梅と梅の開花が揃ってしまったようです。小梅と蝶の羽重ねも一番花が開き、金子稲荷社の脇は唯一白梅の加賀と紅梅の鹿児島紅の枝が重なっていて、早くも紅白の花が新年の挨拶を交わしているようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中学生の職場体験受け入れ

もう何年目になるでしょうか。毎年地元中学校の生徒5~6名の職場体験を受け入れています。期間は5日間。清掃、節分の準備、習字、あくまでも一般道徳的な神社の儀礼・作法指導など、公立学校につきなるべく宗教色を押し付けないように注意しながら従事してもらいます。今年は男子4名と女子1名。今日は神輿を隅々まで乾拭きしてもらいました。R0013801